9:00-18:00(土日祝を除く) 06-6556-7806 メールでお問い合わせ

新型インフルエンザ特別措置法等の一部を改正大阪市中央区のとくほ社会保険労務士事務所

新型インフルエンザ特別措置法等の一部を改正する法律の施行 新着情報の画像デコレーション
2021.2.18 新型インフルエンザ特別措置法等の一部を改正する法律の施行 お知らせ コラム

令和3年2月13日より新型インフルエンザ特別措置法等の一部を改正する法律が施行されました。


具体的には、新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別を防止するための規定が設けられました。

新型コロナウイルス感染症に関する偏見や差別とは、感染したことを理由にする解雇、回復しているのに出社を拒否される、医療従事者に対し職場で感染者が出たことを理由に子供の保育園糖の利用を拒否される・・・などです。

特措法改正では、感染者やその家族、医療従事者等の人権が尊重され、差別的な取り扱いを受けることのないよう、偏見や差別を防止するために規定が設けられました。
国や地方自治体は、新型コロナに関する差別取り扱い等の実態把握や啓発活動を行っています。

Q&A、自治体・医療機関・福祉施設向け情報|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて:文部科学省 (mext.go.jp)

Author:大阪市中央区のとくほ社会保険労務士事務所

お問い合わせINQUIRY

 大阪市中央区のとくほ社会保険労務士事務所

職場のメンタルヘルス対策、採用、就業規則、社会保険の手続きは、
経営者様のお悩みに寄り添う、とくほ社会保険労務士事務所へご相談ください。